トラック運転手の日常&情報ブログ

TRUCK BONUS

サラリーマンからトラック運転手へ

トラック運転手に転職

サラリーマンからトラック運転手へ!!過酷と感じない3つの理由!?

投稿日:2018年1月24日 更新日:

あなたは今、

 

今の仕事は、自分に向いてないなぁ.....辞めたい.....

もう、なんか精神削って働くの疲れた.....

 

トラック運転手って、1人で気楽そうに見えるけど、過酷なんだろうか?

って気になって、この記事を見てるんではないですか?

 

そこで、今回は、元サラリーマンからトラック運転手に転職し、5年目の私が感じている事を書いていきます。

結論から言いますと、私は元々黒い企業のサラリーマンだった事もあり、過酷とは感じていません。むしろ、精神的に楽に解放された状態です。それには、3つの理由があるんです!!

 

それでは、今からその理由を届けします!!この記事を見る事で、トラック運転手のイメージが、ガラッと変わると思います。

邪魔が入らなければ...

 

トラック運転手が過酷と感じない理由①【運転中は労働している気がしない】

仕事中と感じない

私達ドライバーは、出社→タイムカード→アルコールチェック→点呼というのが、トラックに乗るまでの一連の流れです。

サラリーマンがパソコンを見ながら、上司の目を気にしている様な窮屈な空間に、5分から10分程度足を入れるだけで済みます。

私にとっては、事務所って精神的に窮屈な労働環境でしかありません...

 

それから、事務所から出て自分のトラックに乗り込み、一人の世界の個室に「よっこらしょ」yaaahoooo!!

 

私は、特定の部署が無くフリーという扱いです。

毎回トラックが違うのがちょっと面倒...

 

ちなみにフリーとは、人が足りない部署や急遽の欠員が出た時に、穴を埋める役目です。

 

トラオ
簡単に言えば便利屋。。

 

で、車に乗ると充電器をセットして、コーヒー置いて、ワイヤレスのイヤホンマイクを耳に付けて準備万端。

 

快適ドライブの始まり始まり!!

 

そっからセンター(積み地)まで、気の合う同僚と電話したり、音楽を聴きながら運転できます。

タナカ
ドラレコで車内見られてるから、会社によっては、長時間の電話しながら運転は、注意されるかもです。

※ドラレコとは、トラック運転車内とトラックの外の映像を録画している物です。事故の際などに証拠を残すために設置しています。

 

この時間は、誰にも邪魔されない1人の時間で、労働しているとは思わないくらいリラックスできます。

センター(積み地)に着くと、手積みの場合は結構体力を使ったりしますが、積んでしまえば1人の時間が待っているので、頑張れます。

 

センターを出発し、何カ所かに荷物を降ろして一日が終わり。

 

1日の中で作業と運転の割合が1:3て感じです。つまり、ほとんど運転中って事なんですよ

元サラリーマンの私からすると、労働と感じるのは作業をしている時だけですね。

 

サラリーマン時代にあった、お客さんからの電話や上司からのチェック、お客さんの接客で精神をすり減らす事が全く無くなりました。

私みたいな、サラリーマンに向いていない、デスクワークでひたすらパソコンと向き合うのが苦手、テンションを無理やり上げて接客する事が苦痛、な人間からすれば、過酷とは感じないと思います。

 

むしろ、これでいいの?って最初の頃は思ったもんです。慣れてくると、もう少し労働時間短くしたいとか欲が出るんだけどね...

 

トラック運転手の労働時間が気になる方は、こちらも見てみて下さい

11人に聞いた真実
トラック運転手の労働時間が13時間以上は黒!?11人に聞いた真実!?

トラック運転手が気になっているあなたは、「トラック運転手の労働時間ってやっぱり長いの?」って思ってませんか? そこで、今回は、現役運転手の私の現状を元に、労働時間の長さについて書いていきます。 &nb ...

続きを見る

 

運転手が過酷と感じない理由②【仕事内容が1話完結型】

一話完結

サラリーマンからトラック運転手をするようになって、精神的にとても楽になったのは、1日の仕事が完結すればその後仕事の事を一切考えなくて良い所です。

というのも、自分がブラック企業サラリーマンだった時は、一つの案件が決まると1週間~半年、長い時は1年間も1つの案件に関わらなければならなかったんですよ...

 

いくつかの案件を同時進行で行っていくので、残業や家に帰ってからの仕事、休日出勤、休日にお客さんからの電話や呼び出しが頻繁にあります。

常に仕事の事を考え、仕事に追われている感じでした.....

 

サラリーマンだった時の仕事は、ドラマで例えると最終話まで結末が分からず、ハラハラドキドキしながら最終話まで気が抜けない、そのように、完結に時間のかかるドラマを複数同時に見てる感じ....。

頭の中は、24時間スクランブル交差点状態!!

 

トラオ
それに比べて、トラックの運転手はドラマで例えると1話完結の話です!!

 

長距離の場合は数日ですが、一般的な配送の仕事の場合は今日持って行く分の荷物を積んで、その荷物を配り終わったら「お・わ・り」って感じでシンプル is BEST!!ですwww

サラリーマンで、毎日精神を削りながら仕事をしていた私からすると、1日の仕事が終わった後の安心感がたまりません。

 

タナカ
確かに、その点は良いですよね

 

ドラマも仕事も1話完結最高デェェェッス!!

 

トラック運転手が過酷と感じない理由③【運転中にイヤホンで勉強出来る】

イヤホンからの学び

自分的には、運転中にイヤホンの音声から自分が興味のある事や、やってみたい事を学ぶ事が出来るこの時間がとても大切です。

これが有るから、私の場合トラック運転手が過酷と思わない理由でもあります。イメージとしては仕事中に、他に自分のやりたい事も学ぶ事が出来る感じです。

 

私の場合は、将来ネット上で自分の賞品を売ってみたいという夢があります。実は現在はトラック運転手ですが、大学は芸大に行ったぐらいデザインや物作りが好きなんです。

ですからその夢の為に、YouTubeや「オーディオブック」という本を聴く事の出来るサービスを使って、ビジネスやマーケティングについて運転中にイヤホンで学んでいます。

 

正直、サラリーマンの時は仕事の事で一杯一杯で、夢なんて諦めていました。それが、運転手になってこの運転中の時間を有効利用する事で、眠っていた夢へのエネルギーがフツフツと湧いてきちゃった感じですwww

 

これは、私の暗黒のサラリーマン時代には、到底考えれなかった....。

 

この運転中に音声から学べる仕事って中々無いと思います。これは、私が運転手を過酷と感じない1番の理由と言っても過言ではありません。

 

ただ、音声ではなく携帯で動画を見ながらの運転による事故や、違反で捕まる事の無いように予めきちんと準備し、運転中は聞くだけの状態にしておかないと絶対ダメだけですけどね。

注意ポイント

事故や違反は運転手としての仕事や、人の人生まで終わらせてしまう可能性が有るので、運転に集中出来ない人にはオススメしません!!

 

長距離トラック運転手は人によっては過酷かも...

上の項目までは、トラック運転手って過酷ではない!!って面をお話していますが、ココからは人によっては過酷と感じる面も書いておきます。

 

私的に長距離トラックは

  • トラックの運転がめっちゃ好き
  • トラック自体が好き
  • 休みとかいらんから給料が高くないと絶対いや

って人にとっては、過酷に感じず楽しめると思いますが、そう思えない方にとっては過酷に感じるかもしれません。

 

1回出発すると、数日から数週間会社に帰らずに各地を転々とする場合もあるので、トラック生活が好きな人じゃないと厳しいかと

ただ、その代わり運送業の中では、長距離運転手の給料は40万越えであったりと高めです。

エリカ
コンプライアンスが厳しくなり、休みが増えた事で30万代の長距離も増えてるけどね。特に大手は

 

この辺りは、現役の長距離トラック運転手に直接インタビューをして、1日のスケジュールや過酷と思う点などまでを、インタビューした記事がありますので気になる方はごらんください。

中型長距離トラック運転手にインタビュー!!
中型トラックで走る長距離運転手にインタビュー!!【ガチ】

あなたは、長距離ドライバーの   1日の仕事の流れ 1週間のスケジュール 休日や給料 きつさや楽しさ   を知りたいと思ってませんか?実は私も、数日かけての長距離は経験した事があり ...

続きを見る

長距離トラック運転手にガチでインタビュー!!
長距離トラック運転手にガチでインタビュー!!【真実を体感せよ!】

あなたは、長距離ドライバーの   1日の仕事の流れ 1週間のスケジュール 休日や給料 きつさや楽しさ   を知りたいと思ってませんか?実は私も、数日かけての長距離は経験した事があり ...

続きを見る

 

サラリーマンからトラック運転手に転職した理由

ココでは、なぜ私がサラリーマン(会社員)から、トラック運転手に転職したのかを書いておきます。

私は、前職のサラリーマン時に勤めていた会社が、ブラック企業だったのです.....

 

どんな会社だったかを挙げると

  • サービス残業当たり前
  • 時給にしたらバイト以下
  • 休日出勤ボランティア
  • 出張手当なし
  • 上司より先には帰れない
  • 会社でつかう携帯は個人携帯
  • ボーナスはスンシ
  • 退職金無
  • 上司は鬼

こんなところです。何でそんな会社入ったの?って思われると思いますが、面接時と入社時には感じが良かったんですよ...

 

それにプラスして、私はサラリーマンに向いていませんでした....。

  • 事務所内での仕事は精神的に苦痛
  • 上司やお客さんと話すのが苦手
  • 団体作業が苦手
  • 営業が苦手
トラオ
こんな感じやから会社員として致命的

 

そんな会社と自分の状況で、何度も何度も「今月でこの会社辞めよう.....」次は、1人で出来る仕事で、「仕事中にストレスが溜まらない仕事に就きたい!」と強く思うように。

そんな時に、下請け業者の運送会社の人に色々と話を聞き、トラック運転手になりたい!!と思い始めました。

しかし、家族もいるし、会社に辞めると言ってからの、1ヶ月を耐えないといけないと思うと、胸が苦しくなり中々言い出せませんでした(涙)

トラオ
そんな期間が、実に約2年続き精神はボロボロ.....

 

そして、もうホントに精神的限界が来ていて、ウツ状態になり家族にも迷惑をかけていたので、死ぬぐらいの勢いで辞める覚悟をして辞表を出し、運転手に転職したという流れです。

会社辞めるだけなのに、「死ぬぐらいの覚悟ってアホやろ」って思われるかもしれませんが、ウツ状態になると周りの事を過剰に気にしすぎて、辞めると言ってからの1ヶ月の気まずさを想像すると、とても言い出せなかったのです。

今考えれば、さっさと辞めて運転手になっておけば良かったと、かなり後悔してます。

 

もし、これを読んでいる方で私と同じ位深刻な方は、もう少し踏ん張って辞める覚悟と勇気を持ってください。「今の仕事を一生続けるのは到底考えれない」と思っている時点で答えは出ています。

あとは、早く辞めて違う会社を探すか、ズルズルと悩みながら時を過ごして遅れて辞めるかの2択....。トラック運転手に限らず、あなたに合っていて精神的にも苦痛ではない仕事をするべきです。

 

また、最近では「退職代行サービス」というサービスも出てきており、次の日から会社に行かなくて済む「即日退職」なんて事も流行っています。

このサービス、10年前に私が会社を辞めれずに病んでいた時にあったら良かったのに.....

ですから、どうしても会社を辞めたいけど辞めれない人は、そのようなサービスを使うのも手ですね。普通に辞めれるに越した事はないですが.....

 

ちなみに、「退職代行サービス」については、下請け業者のブラック企業で辞めれない人の為に、詳しく電話で退職代行業者に質問した記事がありますので、どうしても困ってる人は見てみて下さい。

▶ 退職代行サービスはガチで失敗0?運送会社は?電話で鬼質問の嵐!!

退職代行 失敗事例 0件
退職代行サービスはガチで失敗0?運送会社は?電話で鬼質問の嵐!!

あなたは今、   退職代行サービスって、ホントに失敗しないの!? 即日退社出来るってホントかよ!?ややこしい事になるんじゃねーの?   と思ってませんか?   私も、下請 ...

続きを見る

 

また、ここまで読んでいて、自分もサラリーマンからトラック運転手になってみようかな??って思った人は、これから運転手になりたいと思っている人の為に、魂込めてくつった記事がありますのでそちらを見て下さい。必ず役に立ちますよ。

▶ トラック運転手になるには8つのステップで進め!!【鉄板】

運転手なる為の8ステップ
トラック運転手になるには8つのステップで進め!!【鉄板】

あなたは今、   トラック運転手になりたいんだけど、俺でもなれるんやろか..... トラック運転未経験やから、無理なんかなぁ~やっぱり..... 運転手になろうと思ったら、どんな運送会社が間 ...

続きを見る

 

トラック運転手を過酷と感じる人も勿論いる

タナカ
!!ダメですよ!!そんな良い所だけ書いたら!!
トラオ
何なんだよ!タナカ!お前はもうトラック運転手じゃないだろ
タナカ
そうですよ!トラック運転手が過酷だったから転職したんですよ!!
トラオ
...

ここからは、私(タナカ)が書かせて頂きます。

 

結論から言いますと、私はトラック運転手になるのは反対です!!

私は、重機のレンタル会社(営業) → トラック運転手 → 電子部品の製造管理という流れで、今はトラック運転手を引退しています。

トラオ(ブログ管理人)さんが、今回の記事は気持ちよく書いていますので、今回はその理由を簡単に書いて終わっておきます。

 

  • 拘束時間が長い (11.5時間~13時間)
  • 正月、GW等、世間が休みの時も配送がある
  • 連休は取りにくい
  • 腰や体を痛めると運転手は厳しい
  • 事故をするリスクが有る
  • 給料やボーナスが、拘束時間の割には少ない
  • 家族持ちにはキツイ

 

真実も書いておかないと、これを見ているあなたが後悔してはいけませんので

トラオ
おいおい!これは、悪く書きすぎだろ!
タナカ
いや、私はそんな感じに感じましたよ!これは、一回トラック運転手がキツイかどうか討論ですね!
トラオ
おぉ!望むところよ!

 

この討論は実際に行いました。バチバチしながらも.....その様子が気になる方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

トラック運転手はきつい?
トラック運転手はきついか8つ激論!!元運転手VS今運転手

あなたは今、   トラック運転手はきついってイメージがあるけど、実際どうなの?   昔はきつかったんだろうけど、今は色々厳しくなってマシなんじゃないの?   って思ってい ...

続きを見る

 

また、上の記事を読んでも「いや、それくらいの事は想定内!それでもトラック運転手になりたい!!」って方は、運送会社の転職に失敗して欲しくないので、こちらの記事を!!

▶ トラック運転手の転職サイトランキング※未経験者必見!!

▶ 運送会社の選び方で注意すべき8つの事!!【未経験者必見】

運送会社の選び方
運送会社の選び方で注意すべき8つの事!!【未経験者必見】

あなたは今、   運送会社の求人を色々見てるけど、どの会社が間違いないんだろ?? どんな事に注意して、運送会社を選べば良いのか分からない.....   って思ってませんか? &nb ...

続きを見る

 

まとめ

今回、トラックの運転中は労働している気がしない、トラック運転手の仕事は1話完結と同じ、その日の仕事が終われば終わり、仕事中に学ぶ事が出来るから過酷と感じない。

この3つを上げてみました。どうでしょうか?伝わりましたか?最後に邪魔が入ってしまいましたが...

 

勿論、トラック運転手ってのは楽な事ばかりでは無いのも確かです。雨の日や雪の日、天災時でも必ず走らないといけなかったり、物量の多い曜日には休憩が殆ど取れなかったり、過酷と感じてしまう時もあります。

しかし、精神面でいうと私みたいに、過酷と感じない人間もいるって事も知って欲しかったんです。

 

今、まさにサラリーマンで日々仕事に追われ、日曜日の夕方にサザエさんが始まると、とても憂鬱になっている人は、仕事において精神面の辛さを痛い程味わっていませんか?

公務員や大手の安定している企業で働いている人、給料も十分、今の仕事にやりがいを感じて人生を過ごしている人は、トラック運転手を選択する人なんていないと思います。

しかし、黒い企業や、低賃金の長時間勤務、パワハラ、社内のイジメ、会社に行くのが苦痛でたまらない人は、1人の時間が多そうなトラック運転手に、興味を持つ人がいると思います。。

 

その場合の、1つの選択肢としては有りだと思いますよ!

 

私はそれで救われたし、同じようにサラリーマンからトラック運転手になって良かった、という人間がいますからね。

ここまで読んでくれたあなたは、今の仕事の状況から抜け出したくて、この記事にたどり着き、最後まで読んでくれたんではないでしょうか??

 

今必死に生きてるんではないですか??

耐えて耐えて、精神がすり減ってボロボロになって無いですか!?

 

周りの意見や常識に、縛られすぎる事は無いと思いますよ。一番仕事で過酷だと思うのは、仕事に対する精神的な問題だと私は思います。

うつになったら、周りや家族に迷惑が掛かってしまいます。

 

実際に私がサラリーマン時代に、精神が崩壊しかけて、周りや嫁にホントに迷惑をかけたので、良く分かります。そうなる前に勇気を出して行動してみる方が、今後の人生楽になると思います。

これを読んでいるあなたには、1歩前に踏み出して貰って、精神的に楽な人生を手に入れて欲しいです。トラック運転手の仕事に興味を持っている人の参考に、少しでもなっていれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

ここまで読んでくれたあなたには、こちらの記事もオススメ

3tトラックコンビニ配送で決まり
ルート配送は楽しい!?初心者は3tルート配送が鉄板!!

トラックのルート配送について調べていると、ルート配送の事を楽しいって書いている人いるけど、ホンマかいな!?って思っていませんか?ということで、今回は、現役ルート配送員の私が、楽しいかどうかお答えします ...

続きを見る

トラック運転手楽すぎ
トラック運転手て楽すぎワロタ!新人の放った言葉に唖然!?

あなたは今、トラック運転手が楽に見えて、運送業に転職ってどうだろ??って思ってませんか   そんなあなたは、   今の仕事に精神的に疲れた... とにかく正社員になりたい! 運転が ...

続きを見る

-トラック運転手に転職

Copyright© TRUCK BONUS , 2019 All Rights Reserved.